公務員への転職 

2017年合格 特別区経験者講座 4月生 申込受付中
(1月生は定員〆切となりました。早めのスタートを切りたい方はご相談ください。)

特別区経験者採用試験に合格に特化した「専門」講座

・忙しい「社会人」「ママ」であることを前提にしたカリキュラム。週末などを利用して短時間で処理できる講座内容。効率よく短時間で合格させる。

個別指導を充実  面接指導だけでなく、論文対策も個別指導であなたの弱点を見つけ出し、対策。数的処理・資料解釈などでも個別指導。

<喜治塾の講座の特長>

特別区経験者採用試験に合格に特化した「専門」講座

・忙しい「社会人」「ママさん」であることを前提にしたカリキュラム。週末などを利用して短時間で処理できる講座内容。効率よく短時間で合格させる。

・個別指導を充実  面接指導だけでなく、論文対策も個別指導であなたの弱点を見つけ出し、対策。数的処理・資料解釈などでも個別指導。

1 特別区経験者採用試験に受かるための講座

  • 仕事をしながら週末だけの勉強で合格する
  • 経験者のための講義。大学生に混じって講義を受けるのではない。
  • 特別区の採用試験のレベル感・傾向にバッチリと合わせた講義&テキスト。合格にとって関係のない難しい問題などに手を出さない。短時間で効率良く合格するために必要なことをしっかりとマスターする。
  • 個別レッスン  面接対策では昨年実施時から大人気の「インタビュー形式の面接指導」。面接で自分の仕事を、自分自身のことをどう語るかを塾長があなたの経験や考えを聞きだしながら言葉を探していく作業をサポートします。「模範的な答え方を教える」などという薄っぺらいことではありません。あなたがあなた自身と向き合うお手伝いをします。長年、公務員を始めとして様々な経験をもつ塾長が直接サポートします。今年は論文指導も個別レッスンをつけていきます。

2 論文対策  

<新企画>第1弾 答案検討ゼミ

「採点官の目線」で講師が受験生の書いた答案に講評を加える講義をします。具体的に「採点官の目線」を聞くことで採点のポイントを掴んでもらいます。

自分ではまあまあ書けたと思っている論文の評価がイマイチということはありませんか?

そういう場合は、多くの場合、書かれた論文の文の運びが悪く、採点官にあなたの言おうとしていることがきちんと伝わっていないのだと思われます。文の運びが悪いとせっかくの内容も伝わりません。伝わらないのですから、採点官にしてみればなにも書いていないのと同じということになってしまいます。

論文試験は「内容」はともかく「文章」がきちんとしているかどうかが大きな採点ポイントとなります。

出題される論文の課題は「グローバル社会における行政のあり方」などここ数十年役所が取り組んでいる大問題です。現職の公務員たちでさえどうすればいいのか日々悩んでいるような問題です。これという正解があるわけではありません。ましてや、民間企業などにお勤めのみなさん受験生が、鋭い内容やすぐにでも通用する具体策を書いてくれるとは思ってはいないのです。

つまり、採用試験では、独自性のあるアイディアなどが求められているわけではなく、普通に誰もが言っているようなことでよいから、それをきちんと書けることが重要です。日本語の文章としてきちんと意味が伝達することができるかが、合否の分かれ目なのです。

そして、それは「文章表現力」などという大それた話ではなく、一文一文がきちんと意味の通じる日本語になっているか、文と文が論理的につながっているか程度の話しなのです。意外とそういうことができていない論文も多く見かけられます。そこがきちんとできていなければどんなに素晴らしい内容を書こうとしていても伝わらないのですから評価されようもありません。

受験生が書いた答案を素材にして、どこがどう悪いのか、逆にどこがどうよいのかを指摘してもらうことで、文を書くコツが掴めるようになります。

そして「この程度でいいのか」と安心することと思います。

内容面に関する講義、文章の書き方に関する講義、そしてこの答案検討ゼミであなたの論文力は飛躍的に向上します。

<新企画>第2弾 個別レッスン これがすごい!

コース生は個別レッスンを行います。

知識の補充、一般的な文章の書き方は講義します。しかし、講義を聞けばそれで「書ける」ようになるわけではありません。文字数が埋まることと、評価される論文が「書けていること」は全く違います。喜治塾名物の答案が真っ赤になる添削を今年はさらに強化して個別レッスンを行います。

添削だけではどうしても伝わりにくい、文章の書き方、癖を修正するために、しっかりとあなたと向き合い個別に指導します。「書けない」人も、「書ける」ようになり、さらに「評価される論文」が「書ける」ようになります。

 


4月スタート生

2017経験者日程表(4月生)

 <4月生開講日>
2017年4月9日(日) 9:45~ オリエンテーション後、「論文基礎講義」「知能①」

<開講以降の日程>(日程表は別にあります)
月2~3 回(隔週土曜ないし日曜)のペースで講義及び演習を8 月まで実施。(※欠席した回はDVD で受講できます。)
最終回には本試験と同じ時間帯で総合模擬試験を実施します。

<カリキュラム・フルコース>
知能11 回、論文11 回、論文添削個別指導1回、答案職務経歴書・書き方講座1・個別指導1、面接対策講義1 回、模擬面接、
社会事情(時事)2 回、総合模試1 回 (※講義は1 回90 分。模擬面接は何度でもコース受講生価格で追加受講できます。)

ほかに答案検討ゼミ、フィールドワーク、公務員(喜治塾OB)との交流会などを実施します。  ※一部参加費(1,000円程度)がかかります。

<4月生の受講料・税込み> *受講料は分割払いもできます。
■フルセット(知能・論文・面接) 190,000円 (通信は227,000円)
◇論文・面接セット 155,000 円(通信は182,000円)
※上記料金には、税、テキスト代(社会事情以外)を含みます。欠席フォローブース・自習室の使用も無料です。

<無料ガイダンス> 要予約03-3367-0191
2/14(火)19:30〜20:30 
2/22(水)19:30〜20:30
2/25(土)17:30〜18:30 
3/6(月)20:00~21:00
3/11(土)16:00~17:00
3/19(日)12:00~13:00
3/26(日)13:00~14:00
3/29(水)20:00~21:00
4/1(土)16:00~17:00
4/7(金)19:30~20:30
※ご都合が合わない方は個別に対応します。お子様連れの方も個別に対応します。

随時受講相談を実施中です。(ガイダンスの日程が合わない方、お気軽にご利用ください)
9時〜22時くらいまで対応します。出勤前、仕事帰りなどでもお気軽にどうぞ。

お電話(03-3367-0191)までご予約ください。

講座お申込み方法

お電話03-3367-0191またはinfo@kijijuku.comへ。

メールの場合は件名「特別区経験者4月生申込」
本文に①お名前、②お電話番号、③ご住所、④コース(通学or通信も)、⑤年齢、2級か3級かを明記して送信ください。

<受講料振込先>
三菱東京UFJ銀行 高田馬場支店
普通1886996 ユ)キジプロジェクトエイチアンドエム
まずは、ガイダンス・ご相談にぜひいらしてください!
その他ご質問等、お気軽に03-3367-0191までお問い合わせください。

——————————————————————————————

(参考)

1月スタート生 詳細はhttp://www.kijijuku.com/news/news2430.html

月1回(隔週土曜日または日曜日)のペースで講義および演習を8月まで実施。
最終回は本試験と同じ時間帯で総合模擬試験を実施します。

 

<カリキュラム> DVD通信(教室ライブ講義を収録したものを発送します)も受付中。

知能15回、論文15回、職務経歴書・書き方講座(個別指導含)、面接基礎講義、模擬面接指導、時事社会、総合模擬試験(ほかに公務員(元喜治塾OB)との交流会、フィールドワークがあります)

<受講料(税込・テキスト込)>  分割払いもできます。お問合せください。

○フルセット(知能、論文、面接セット) 通学220,000円  DVD通信260,000円

○論文+面接セット  通学170,000円   DVD通信200,000円